対馬の鮪

ピンクマグロのこだわり | 対馬のピンクマグロ

漁業について 漁業について

1

漁業について

長崎県対馬の寒暖差(平均 夏30°冬12°)が激しい
リアス式海岸で育てられます。
ピンクマグロは対馬海流に揉まれたヨコワ(稚魚)を一本ずつ丁寧に釣り上げ、
鮮度を保ったまま持ち帰り4〜5年養殖され出荷されます。

餌について 餌について

2

餌について

刺身で食べられるほど鮮度が良いサバなどを十分にあたえているため、旨味があります。
品質維持の為、時期により餌を変え、良質な脂のマグロを安定的に提供出来ます。

出荷について 出荷について

3

出荷について

電気針で一本ずつ丁寧に釣り上げられ、鮮度を保つ為に締め作業(内臓・神経抜き)を約90秒で終わらせ、最高の鮮度でお届けする為、氷水で冷やし出荷します。

生産者について 生産者について

4

生産者について

昭和37年から養殖業を始め、長年に渡り培われたノウハウがあります。
皆さんに美味しいマグロを味わっていただくため日々愛情を込めて育てています。

出荷の様子

対馬のピンクマグロは鮮度が命!
一本ずつ丁寧に釣り上げられ、鮮度を保つ為に締め作業(内臓・神経抜き)を約90秒で終わらせ、
最高の鮮度でお届けする為、氷水に入れ冷やし出荷します。
その様子を是非ご覧ください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

株式会社マーキュリー

092-558-0375

営業時間:月〜金 10:00〜19:00